ものぐさ二人暮らし

N(♂)とD(♀)の二人暮らし

ブルーベリー狩りに行ってきました

f:id:futari_gurasi:20210227162940j:plain

夏の楽しみ

8月最後の週末、ブルーベリー狩りに行ってきました。

2年前にカナダで初めて体験して以来、ブルーベリー狩りは夏の楽しみのひとつです。
ブルーベリーの実を無心になって摘むのも楽しいし、なんと言っても生のブルーベリーをたくさん食べられるのは夏だけです。
今年は遠出が難しいからできないかなと思っていたのですが、なんと都内で摘み取りのできる農園があったので、ウキウキしながら行ってきました。

中央線の某駅から歩いて15分ほどのところにある果樹園さんに伺いました。
事前に調べた通り、本当に住宅街のど真ん中にあります。入り口から少し進み受付を済ますと広々としたぶどう棚があり、その奥にブルーベリーの畝が見えます。受付の近くにもブルーベリー畑がありますが、今回は奥に案内されました。

今日は大人2人で申し込みました。今回の摘み取りパッケージは30分で1名1,300円。500gまで摘み取れます(足りない場合はスタッフさんが足してくれます)。逆に500gを超えた分は100g250円で買い取り。たくさん食べたかったので、500g以上を目指してがんばります。

いざ、摘み取り

カナダで教えてもらった摘み取りのコツは、「青々としていて」「無理にひっぱらなくても採れる実」を選ぶことです。

よく熟れた実はそっとつまんで手首をくるっとスナップするぐらいでも採れるそうです。実が密集しているところは、4つ5つぐらいをまとめて手のひらで包んでスナップすれば取れます。

さて良さそうな実を探してみると、けっこう低い位置に残っていることが多かったです。大人の方が摘む場合は、楽な体勢で摘もうとするとやはり高いところが採りやすいためかなと思います。なので、今回はがっつりしゃがんで低い体勢で摘みました。

黙々と摘んでいるとあっという間に時間が過ぎていきます。
しかし暑い。当日は天気も良く気温も高くて、30分だけでも相当汗をかきました。
さらに、サンダルで行ってしまったため、蚊の集中砲火を浴びて10箇所以上刺されてしまいました…油断した…。

どれくらいの量になったのか?

というわけで最終的に摘み取った量を計ってもらいます。
結果は買取分が900円ほどだったので、400g弱を多めに摘むことができました!
いや〜楽しかった〜。

f:id:futari_gurasi:20210227163138j:plain自宅から持っていった保冷バッグに詰めて持ち帰りました。
後日ホットケーキにホイップと一緒に載せて頂いたら絶品でした!
フレッシュなブルーベリーをたくさん楽しめて大大大満足です。
また来年も伺いたいです。

f:id:futari_gurasi:20210227163249j:plain

帰りに立ち寄ったクルミドコーヒー

 

f:id:futari_gurasi:20210227163327j:plain