2022アウェイの旅 横浜FC編

こんにちは、Dです。
皆さんはいよいよ佳境を迎えた22-23シーズンのストーブリーグ楽しんでいますか?

 

私も公式からの発表に毎日ドキドキの日々を過ごしています。
昨年のJ2リーグ、我らがアルビレックス新潟は見事J2優勝J1昇格を果たしてくれました!!
NさんはJ1昇格を決めた仙台戦を観戦し、幸運にも輝かしい歴史の立会人になることができました。羨ましい。
ただ、自分達の記録のために今年のアウェイ観戦記は残り3回、ちょこちょこと書いていこうと思います。今季の開幕戦前には終わるようにしたいです。

 

 

そんなわけで2022年6月26日(土) 横浜FC v.s. アルビレックス新潟 の試合を見にニッパツ三ツ沢球技場に行ってきました。
Dは以前に横浜FMと新潟の試合を見にニッパツを訪れたような記憶が。

 

当日はナイターなので、少し時間に余裕がありました。
そこで二人とも好きなスーパー銭湯「横濱スパヒルズ竜泉寺の湯」でまったりしてから向かうことに。

オロポセット


午前中から行ったためか、休日でしたがそこまで混んでおらずゆっくりできました。
鶴ヶ峰駅への無料シャトルバスが出ており、そこから横浜駅へと移動、さらにシャトルバスでスタジアムへ向かいます。
シャトルバス乗り場周辺は混雑していましたが、なんとかスムーズに乗り込むことができました。

 

公園入り口に到着し、スタジアムまでは一本道なのでわかりやすい…

 

と思って地図をろくに見なかったDはやらかしてしまいます。
YOKOHAMA FCと書かれたゲートを潜って中へ。

QRチケットを読み取り、中に入ったところでスタッフさんに呼び止められます。

なんと横浜FCのゴール裏入り口から入場してしまったのです!!

 

タオマフを巻いてしまっていましたが幸い大きなトラブルは起こらず、グッズを隠した状態で無事本来の席まで案内して頂きました。
案内してくださったお姉さん、あたたかく対応してくださりありがとうございました。
そしてアウェイ民の皆さんは入り口の確認をちゃんとしましょう(泣)
(欲を言えば入場前に声かけして欲しかった…)

 

さてこの日はメイン席からの観戦でした。


ニッパツは専用スタジアムなのでピッチが近くて臨場感があり良いスタジアムですね。
ナイトゲームだったので、試合開始前後は西日が強くてバックスタンドはだいぶ眩しそうでした。

アルビは関東サポーターの数が多く、横浜は来やすい土地。そして前半戦にホームで横浜に勝利していたこともあり、この日は新潟のゴール裏はぎっしり埋まっていました。ビッグスワンでの完勝劇を再現するぞという期待感がすごくあったと思います。

みっしりしたゴール裏

自分自身も意気揚々と来ましたし、この直接対決で勝って昇格争いの相手に差をつけたいと心から願っていました。

そんな気持ちも前半半ばに横浜FC小川選手の見事な飛び出しからの1点目で萎んでしまい。。。
至恩の狙いすましたシュートもブローダーセン選手のスーパーセーブに阻まれ、これまた見事な渡邉選手のダメ押しの2点目を決められ、悔しい無得点での敗戦となってしまいました。
完全に横浜にやり返されてしまいましたね。

ここまで6戦無敗で来ていましたが、前回敗戦した町田戦以来の二人現地観戦で黒星だったので正直落ち込みました。
今季の関東アウェイ戦は勝率低かったですね…。

 

しょんぼりと肩を落としながら帰りのバスに乗り込み、帰宅。
残念会としてラーメンを食べにいきました。

次こそ二人揃って勝利を見届けたいな!

 


www.youtube.com

 

■今季現地参戦結果

N 5戦 2分3敗🥺
D 5戦 1勝2分2敗