石和健康ランドでととのう

f:id:futari_gurasi:20210608223244j:plain

甲府vs新潟

山梨県は石和温泉にある「石和健康ランド」に二人で行ってきました。

 

お久しぶりです。にわかアルビレックス新潟ファンのNさんです。

6/5(土) ヴァンフォーレ甲府 vs アルビレックス新潟を観戦しに甲府遠征。試合終了直前に2-2の同点に追いつかれるというまさかの展開で失意の帰還@甲府のホテル。

甲府には二人で何度か来てるし、アルビも負けたし(後日訂正: 引き分けだった)、特に行くところも思いつかないし、日曜日はそのまま帰ろうかと話していたけど、ずっと行きたかった駿河健康ランドの系列店が石和温泉にあるのを発見。急遽行くことに。

 

・・・大変気に入った。これから甲府に行くときの定番になりそう。

f:id:futari_gurasi:20210608223521j:plain

石和健康ランド

Good

  • 空いてる。日曜日、Google Mapでは混んでる表記だったのに空いてる。
  • サウナ室が4種類もある。高温サウナ、塩サウナ、薬草サウナ、低温サウナ。
  • 高温サウナはしっかり熱い。謎のオートロウリュシステムが稼働してるようだ。
  • 水風呂が深い。身長181cmの自分もしっかり浸かれる。
  • 露天風呂スペースが広く、ととのいベッドも完備
  • 風呂も種類が異様に多く、1人1風呂状態になるくらいだ。
  • サウナ室前に1人用サウナマットとって中に入るタイプ。もう全サウナはこれにして。
  • 漫画コーナーあり。
  • ご飯なかなか美味しい。種類も豊富。

 

Bad
  • 石和温泉駅から15分位歩く。普通は車で行く場所なのでしょう。バスは出てるみたいだけど数が少ない。

f:id:futari_gurasi:20210608223623j:plain

痺れ麻婆豆腐

サウナはコロナ対策で厳しめの人数制限がかかってました。それでも都内のサウナの様に入り口で行列するようなこともなく好きなタイミングで入れるという素晴らしさ。

やっぱり空いてるというのが一番のGoodポイントだなと改めて感じたサウナでした。また行きたい。

 

モンハンライズを購入

こんにちは、Dです。

外出しにくい今年のGWを楽しむためのアイテムとして、モンハンライズが我が家にやってきました。

モンスターハンター ライズ|オンラインコード版

モンスターハンター ライズ|オンラインコード版

  • 発売日: 2021/03/25
  • メディア: Software Download
 

 
モンハンといえばポータブル2nd(だったかな?)を一瞬やった程度でかなりお久しぶりです。ちなみにその時は操作が難し過ぎて挫折しました。。

Nさんは既に駆け出しのハンターとして頑張っていますが、私は今日が購入後初の休みなのでついにハンターデビューするつもりです。
去年1年間は地球防衛軍として巨大生物を相手に必死に働いたので、少しはハンターとしても成長できるかなと思っています。
オススメ武器の紹介動画をいくつか見て、遠距離射撃が好きでひねくれ者の私は、人と違う武器がいいなどと思い弓で戦ってみようかなと考えております。

しかし二人プレイをするためにはスイッチとソフトが2台必要なんですよね。
二人でやりたいけどなかなか手が出しづらい金額になっちゃいますね。
もし続けられそうだったら検討してみます。

 

お家で鶏とシシトウのスパイスカレーを作る

こんにちは、Dです。

先日お家でスパイスカレーを作りました。

渡辺玲さんの本に載っている「鳥手羽とシシトウのカレー」レシピを参考に、家にある材料を使用しました。

【材料】
鶏もも
シシトウ
玉ねぎ
トマト
パクチー
にんにく
しょうが
クミンシード
ターメリック
カイエンペッパー


オイル


家にレシピ通りの材料がなかったので、トマトなどは少し減らして作りました。
以前から参考にしているカリ〜番長さんのやり方だと、先に玉ねぎを炒めてカレーの素を作ってから材料を足していく形でした。
一方、渡辺さんの作り方だと先に玉ねぎを炒めるのは一緒で、その後野菜を追加し炒めて少し水を入れてから、スパイスと塩を追加する形でした。
きっとカレーの種類によってもやり方は変わってくるのでしょう。

スパイスの種類は少なくてもパクチーのパンチのある味が効いていて、さらにペッパーをやや多めに入れたためかなりスパイシーなカレーになりました。
とても美味しかったです。

またオイルの種類ですが、渡辺さん曰く植物油なら何でもいい(オリーブオイルはあまり合わないが)とのことでした。
そこで、家で眠っているココナッツオイルを使ってみたところなんとなくココナッツの香りがプラスされた気がして良い感じでした。

実はNさんはパクチーが苦手なのですがこっそり入れてもおいしいと言ってくれたので良かったです(笑)

f:id:futari_gurasi:20210427150641j:plain


昨日はインドでマスールダールと呼ばれているレンズ豆を買ってきたので、今度は豆のカレーにも挑戦してみたいと思います!

小村雪岱スタイルと味仙 2

こんにちは、Dです。
大分間が空いてしまいましたが前回の続きです。

 

続いての目的地は、某YouTuberさん行きつけの中華料理のお店「味仙」。
名古屋にしかないのかなと思っていたら、なんと神田にあるのを発見しました!

 

これはと思い早速Nさんと行ってみることに。
空腹を抱えて早歩きで神田に向かいます。

 

f:id:futari_gurasi:20210418230408j:plain

 

入店し、入り口の看板にあったランチメニューを探したのですがテーブル上に見つからず。

f:id:futari_gurasi:20210418230347j:plain

店員さんに聞いてみたら14時で終わりだったそうです。
入店時間は14時15分でした。
なんてこった。ランチメニューは相当お得だったのに、あと15分早く来ていれば!

  

まぁ過ぎたことは仕方ないので、気を取り直してお店で一番有名であろう台湾ラーメン、ニンニクチャーハン、青菜炒め、よだれ鶏を注文しました。 

 

f:id:futari_gurasi:20210418230326j:plain

念願の台湾ラーメン

台湾ラーメンについて事前知識なく行ったのですが、めちゃくちゃ辛いんですね、これ。

動画では普通に食べていたので全然わかりませんでした。
Nさんと辛さに震えながらも完食しました。
次食べることがあればアメリカンにします(笑)

  

f:id:futari_gurasi:20210418230230j:plain

ニンニクチャーハン

続いてニンチャー。
これはニンニクが死ぬほど効いていてめちゃくちゃ美味しかったです!
間違いのない味。パラパラに炒められた米が最高。

  

f:id:futari_gurasi:20210418230308j:plain

青菜炒め

青菜炒め。
これもニンニクガッツリで美味しい!!
こういうの家で作れるようになりたいです。

  

f:id:futari_gurasi:20210418230249j:plain

よだれ鶏

よだれ鶏。
温かいメニューかと思ったら冷菜でした。
花椒と思われる刺激が心地よいです!自分的に辛さは普通に食べたらちょうど良かったのですが、台湾ラーメンとの合わせ技で口の中で暴れまわってヒーハーしていました。

 

4品を二人で分け合ってとても満腹になりました。
改めて◯っちゃんさんの胃袋はすごい…。
どの料理も美味しかったので、ぜひまた伺いたいと思います!
ただし、においが残るのと大量のニンニクで胃への負担が結構あるので、休みの前日に行くのがよさそうでした(笑)

小村雪岱スタイルと味仙 1

こんにちは、Dです。

 

先日、三井記念美術館で開催されている特別展「小村雪岱スタイル」に行ってきました。

f:id:futari_gurasi:20210331225053j:plain

写真がこれしかなくすみません…

私は今まで知らなかったのですが、職場の同僚が好きで図録を何冊か持っていて、ぱらぱらと見せてもらったところとても好みだったので早速Nさんに付き合ってもらいました。

 

小村雪岱は主に小説の挿絵の仕事をされていた画家です。

近年評価が見直された方だそうなのですが、繊細な線で広い余白とシンプルな構図を描かれているところが、最近のミニマルな生活様式と通じるところがあるのかなぁなどと思いました。

f:id:futari_gurasi:20210331225519j:plain

青柳

この展示でメインの扱いであったであろう「青柳」という作品。

同僚の家で最初に見せてもらったものでした。広い座敷にぽつんと取り残された鼓と三味線がもの寂しいような少しおかしみがあるようなほのぼのとした雰囲気でとても好きでした。

 

女性が描かれていた絵もたくさんあって、それぞれ着物と帯の組み合わせが現代にも通じるようなセンス。

どの絵も結構配色が渋めというか、彩度が低めで落ち着いた色合いが多いと思いましたが、着物は全然渋好みという感じではなく、色や柄の合わせ方もバランスが良くて素敵でした。

 

あと、展示されていた本の装幀がどれも可愛かったです。

特に鏑木清方の随筆集「銀砂子」のものがすごく可愛かった…!

海底の絵でカニが並んで歩いているのがミニチュアみたいなんです。

その他の絵も、遠くから眺めているような、モチーフがぽちぽちと配置されている感じがなんだか可愛らしいのです。

後年は舞台装置の原画の仕事もされていて、この二つは共通してミニチュア感があって見ていて楽しかったです。

 

あまり芸術を見る目や知識や表す言葉を知らない素人なので幼稚園児のような感想になってしまうんですが、それでもとても楽しめました。

 

他に同時代の工芸品の展示もあり、特に蒔絵の作品が好きでした。

一見すると目立たない見た目なんですが、じっくり見ると模様が浮かび上がってくるような。

きらびやかではなく落ち着いた佇まいが、小村雪岱スタイルに合致していて良かったです。

 

f:id:futari_gurasi:20210331224528j:plain

三井記念美術館

三井記念美術館は今回初めて伺いましたが、行きのエスカレーターの内装からアンティークな趣でときめきました。

 

展示を見終わったあとは第二の目的地に向かうため、徒歩で神田へ。

 

続きます。